買い付け日記〜片付けられない仲間 in Lyon
案外いるんですよね、良く似た人。
もうちょっと見やすくすれば良いのに!!なんて思うのですが、
案外そう言った店に魅力を感じるのも事実です。

リヨン、オーギュスト・コント通り
アンティークショップの多い通りですが、
基本ゴージャスでデコラティブなアールヌーヴォーの家具や絵画が置かれている。
そんな中、驚くてんこ盛りのお店が。。。。。



結構可愛い外観なのですが。。。。



これですよ。
一個商品を取ろうとすると雪崩が起こる。
通り道は、ひと一人分しか空いていない。
3時からのオープンと、少々ぐうたら気味。。。。
しかしこれが凄いんですね〜。
オープンするや否や、おばあさん二人組が続々と入ってくる。
小さな店内は、くるくる方向転換するしかない状態に陥る。
可愛いものがあるのだけど、勝手に触れないもんだから、
個別接客制なので時間がかかるのなんのって。。。。
商魂逞しいこのお店のオーナーのおばさんは、
見ただけで帰ろうとする人全員に声をかけて
ただでは,帰らせないから、更に時間がかかる。

値段を聞いて辞めようとすると、
いくらなら買うんだ、3つでいくらならどうだと
ただでは、帰らせてくれないのです。

この商魂、見習うべき所ですが。。。。
凄まじかったな〜。


ココで買ったプラスチックの赤ちゃん人形。
帰りのパッキングで一人死んじゃいました。
このてんこ盛りでも生き残ったカワイコちゃんなのに、
私のトランクで死亡。
ちょっと可哀想なことをしました。
南無阿弥陀仏。

2010/03/24 17:08 | Comments(0) | TrackBack(0) | 買い付け2010Lyon&Paris

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<ようやく行けました『ケ・ブランリー美術館』 | HOME | 買い付けの素敵な戦利品〜第2弾>>