手芸材料、水牛ハンドルあがってきました。



時間かかってしまいました。
ベトナムに別注している水牛の持ち手。
納得いく仕上がりに至るまで随分と時間を要し、
ベトナムの職人さんの手を煩わし、
漸く出来上がった『CORNE &OS』の新商品です。

いつも、考えさせられること、
物を作る上で、ちょっとしたパーツを探そうとすると、
日本では、なかなか気の利いた物が見つかりません。
せっかく頑張って作ったとしても、
ちょっとした副資材のせいで、雰囲気が壊れちゃうってこと多々あるのです。
大量生産丸出しの風貌では、手の込んだ手作りも台無しになってしまいます。

今年の春から、基礎からしっかり習える刺繍教室に通う様になった私は、
今まで以上にそう思う様になりました。
1針1針懸命に刺した作品にチンケな物はつけたくないですもんね。




今回、あがって来た持ち手は、水牛の角で作られています。
バンブーの模様が、手作業で彫り込まれた物です。
麻の生地と組み合わせると、ナチュラルでいて重みのある仕上がりになります。
北欧のプリントにあわせれば、すごくモダンな仕上がりになるでしょう。
これからだと、ニットのカバンにももってこいです。

私も、早速この持ち手を使った鞄の政策に取りかからなくては!!
お店には、デッドストックの生地を使った物と、
ワンポイント刺繍が入った物でも可愛いかもしれません。
そして、自分用にじっくり時間をかけて、刺繍の鞄に挑戦したいと思います。

材料から始まる物作り、
これはすごく楽しい作業です。
皆さんにも、是非挑戦してもらいたいと思います。



にほんブログ村 ハンドメイドブログ 刺繍・クロスステッチへ





2007/10/08 12:39 | Comments(0) | TrackBack(0) | 手芸

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<遂にコート入荷しました!! | HOME | 秋のお楽しみ>>