私にとっての刺繍教室
真夏日って響き、
暑さには弱い方ではないと思うのだけれども、
汗の量が尋常ではない私にとっては、辛い。
今日も、お店のオープン準備だけで
驚くような汗量を発汗した様に思います。
嫌な汗じゃない様で、案外肌はサラッとしているのですが。。。。。


水木と定休日。
水曜は、workroom*Aで刺繍教室。
『スウェーデン刺繍でポーチを作ろう』。
今回は、何と10名の参加をいただきました。
少し狭かったのが、申し訳なかったのですが。。。
私的には、充実した授業ができたのではないかと思います。



丁寧に、そして楽しくが刺繍教室のモットウですが、
それでいて、生徒さんそれぞれが『考える』ってことを
大事にしたいと思っています。

みんなで同じ物を同じ様に仕上げるのではなく、
この1回の講習の中にも
生徒さんそれぞれが『考える』『決める』という行為
今回では、色合わせ、使う2色を決めることをしてもらった。

色彩感覚というのは、『色彩学』だけで学べることでない。
あくまでも感覚ですから、『学』とは別物の様な気がします。
今まで経験してきた、目にしてきた色や色合わせ。
その感覚を今から作ろうと思う物に投影する、
その感覚の様に思うのです。

それぞれに好みがあって当たり前。
好きな色、好きなトーン、好きな組み合わせ。
私は、色合わせという行為が大好きです。
一番楽しい時間かもしれない。
いっぱいいっぱい思い浮かんで
1つに絞ることの方が大変で困ってしまう。

先ほどの画像は、10人の生徒さんの作品を集めて
写真を撮らせて頂いたもの。
お洋服の着こなしと作品の共通項が見て取れたり、
その人自身の雰囲気すら感じ取れたりするのが
分析魔の私には、楽しいのです。



ずっと続けてきて下さる生徒さん、
新しく参加して下さった生徒さん。
1ヶ月に一度のこの教室、
この日が来るのを心待ちにしている
朝からワクワクしていますと話して下さった生徒さんも、
静かに黙々と真剣に取り組んで下さる生徒さんも、
それぞれの個性と向き合って、
それぞれの人生の中で、
刺繍が楽しみの1つとなってくれたら
私は嬉しいな〜と、思います。

偉そうに言えば
『人にものを教える』ってことですが、
尊い仕事だと、日に日に実感出来る様になってきたことが
ちょっと嬉しい進歩です。



応援お願いいたします〜。ポチッとクリックしてやってください。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 刺繍へ
にほんブログ村

2010/07/23 14:06 | Comments(0) | TrackBack(0) | 刺繍教室

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<悟ってないけど、今を精一杯ってことやな〜。 | HOME | 美味しいものって>>