上海4泊5日の旅〜其の三『残念な一日の巻き〜』
上海3日目は、王さんお薦めのドイツ建築
1933からスタートです。



代表的なドイツ建築、元は屠殺場だったそうです。
人間道、牛道が分けられ、不思議な作りになっています。
残念なのは、内部をいじり倒しているということ。
まさにリノベーションの悪い例です。

2年前に訪れたという王さんも、残念がっていました。
どうしようもないくらい、しょうもない店ばっかりが入っていて
インフォメーションには、
コンクリ塗りたくって、原型を止めない姿にしてしまった
中国人作業員の働く様子を自慢げにビデオで流している。
そして、いかに有名ブランドのパーティーをここで開催しているかを
自慢する映像が流れ始める。
王さんご夫婦、お姉さん、私達の5人で
そのビデオを見ながら『こりゃ駄目だ』のブーイング、
文句言い放題のビデオ鑑賞でした。
リノベーションってなんですか?の悪い例代表でした。

そして、その後は楽しみにしていた田子坊探訪。



元は長屋だった所にお店ができ始め、今はお店などが立ち並ぶおしゃれ地帯。
という触れ込みで言ったはずが。。。。これまた残念!!
雰囲気は悪くないんですよ、だけど何や言うても
しょうもない土産物屋や、安易に作られたださ〜いお店がいっぱいなのです。
驚くしょうもなささにビックリで、あっさり退散となってしまった。。。。

そして、ビックリなのが個々にトイレは無く
バケツにオシッコ溜めて、集合便所に捨てにくるというシステム。
その現場を見ただけに、アンモニア集と共に衝撃が走った。


それにしても、残念な一日ですね。
最後に駆け込んだスーパーでの買い物が一番楽しかったな〜。
ガンラン菜もこの時にゲット出来ましたし。

しかし、これが今の上海でしょうね〜。
勢いあるが故に、勢い良く壊しちゃったり、
折角の古く美しいものを台無しにするリノベーションに走る、
そして、こうなっちゃうんですね。
ある意味、ある時期の日本と同じでしょう。


王さんご夫婦とは、今日でお別れ。
最後の晩餐は、初日におよばれした近くの『上海小南国』。

私が大好きなのは、これ。



干し大根のしょうゆ漬け。
上海では、干し大根いっぱい食べました〜。


ランキングに参加してます。応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 ファッションブログ セレクトショップへ
にほんブログ村にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手芸材料・用品へ
にほんブログ村
nlineshop

2011/09/10 14:00 | Comments(0) | TrackBack(0) | 上海の旅〜2011夏

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<大きなドット | HOME | 秋の裏庭蚤の市スタート。>>